サイトトップ > サイトマップまで放置

胃炎 薬

胃炎から口臭が生じることがある

 

胃炎で口臭がきつくなることがあることをご存じでしょうか。息が臭いと周囲に対しても迷惑なことはもちろん、コミュニケーションや様々なことに自信がなくなってしまいます。どうして胃炎によって口臭がきつくなるのでしょうか。

 

胃炎によって口臭が生じる時には主に胃酸の臭いです。胃の中にピロリ菌がいる場合、ピロリ菌の出す物質によって胃酸が薄くなるのですが、すると胃が大量の胃酸を分泌するようになって逆に胃酸過多が生じるようになります。すると胃酸の臭いが逆流するために強い口臭を生みだすことがあります。

 

胃炎も口臭の原因になりますが、こうした酸の臭いが強くなることは逆流性食道炎によって生じやすく、これが生じると胃酸の逆流から口臭が酸味のある匂いを含んで口臭がきつく感じるようになります。暴飲暴食や飲酒などの習慣がある人は注意しましょう。

 

基本的に口臭は口の中に問題があることが多いです。そのためまず疑うべきは胃炎ではなく、虫歯や歯周病となります。歯科医で異常が見られない場合には胃炎などが疑われるようになりますから、その場合には内科を受診してみると良いでしょう。

 

ここですぐに胃腸科や消化器科と言わないのは、他にも口臭は様々な理由から生じるからです。便秘の影響で生じることもあれば蓄膿によって生じることもあります。とりあえずは守備範囲の広い内科で診てもらい、その後適切と思われるところを受診するようにしましょう。

 

胃炎と胃潰瘍

 

胃炎と胃潰瘍についてあまり違いが分からないという人も多いと思います。どちらも胃の炎症が生じている状態ですが、簡単に言えば、胃炎が悪化すると胃潰瘍になります。胃炎というのは胃粘膜が炎症を起こしている状態を言いますが、その炎症の状態や位置によって疾患が区別されています。

 

胃潰瘍は胃壁が胃炎によって傷ついた結果、穴が開いてしまたりえぐれてしまった状態と言うことが出来ます。そのため当然ながら胃潰瘍の方が痛みなども強く、大きさによっては食べ物や胃酸が胃の外に漏れ出ることもありますので、周囲の組織に対しても小さくないダメージを与えることもありますので気を付けなくてはなりません。

 

胃炎や胃潰瘍は強い痛みがあるのが普通ですが、中には自覚症状のない人もいます。こういう人はかえって悪化させて慢性化させることも多いので、定期的な健康診断が大切となります。病院では胃の炎症の状況を知るために内視鏡検査を行っています。実際の疾患や炎症の有無によらず、検査として見てもらうことが可能ですから、胃の調子に何か問題がないか気になるようなら一度検査を受けてみると良いでしょう。

 

胃潰瘍にまでなってしまうならかなりのダメージが胃に蓄積しており、そのために胃がんなどのより大きなトラブルを招くこともあります。ガマン強い人の方がこういった疾患に際してはリスクが高くなりますので、無理をせず早めに病院を受診しましょう。

 

胃炎と内視鏡検査

 

胃炎が疑われる状況の中では、ピロリ菌の感染もあり得ます。ピロリ菌の感染を確認するために主に行われるのは、内視鏡による検査を行い、そしてその検査をしながら胃の細胞を摂取してその菌の存在を調べます。正確に確認をせずに除菌薬を投与しても、それは体にとって負担にしかなりません。

 

内視鏡は胃カメラとも言われるものですが、昔のイメージほど患者にとって負担の大きいものではなくなっています。またバリウム検査なども行われていますが、以前よりもずっと飲みやすくなっています。そのため胃の検査について苦手意識を持っている人は少なくなりつつあります。

 

胃カメラを飲む際に麻酔を使いますが、どのようなものが使われるかは病院によって違います。しっかり麻酔をしておくと、内視鏡を入れた際に吐き気などはしなくなります。胃カメラの映像は自分でも見れるようにしてくれる病院も多いです。自分の胃を見るとびっくりするほど荒れている人もいれば、ツルツルでキレイな色をしている人も多いです。

 

内視鏡による検査は保険の適用内になりますので、数千円程度で受けることが出来ます。正確に検査が出来るとその後の治療がスムーズに進みますから、検査の費用はかかってもその後の治療費は削減することが出来ます。ピロリ菌の治療のためには1カ月ほど除菌薬を飲む必要がありますが、それでほとんどの場合は治療が完了します。早期発見が出来るほど治療の可能性は高くなりますので、胃炎が疑われる場合には早めに検査を受けましょう。

 

胃炎に有効な漢方薬の種類

 

食後に胃もたれや胃痛が生じる場合には、胃炎の可能性が疑われます。胃炎が生じる場合にはヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)感染や自己免疫性の胃炎、また機能性ディスペプシアなどの可能性もあります。治療法は原因によっても様々ですが、基本的には生活習慣の指導を行い、普段から胃に負担になるようなものを取り除くようにします。

 

胃炎や機能性ディスペプシアの症状では、胃もたれや腹部膨満感などの胃の弱い体質が目立ち、東洋医学では気虚(エネルギー不足の状態)と呼びます。そのため漢方薬による治療ではこの改善を行うことを中心にします。漢方薬は体力や体質、持病などを総合的に判断して処方する薬を決定するものですから、病気と薬が一対一の対応をするのではなく、また患者の調子によっても薬は変わってきます。

 

ですから安易に市販の漢方薬を購入するのは、実は逆に体に悪い場合もあることを覚えておく必要があります。胃炎治療に使われる漢方薬は体力が普通以上の人なら、黄連解毒湯半夏瀉心湯柴胡桂枝湯平胃散などが処方されます。体力の弱い人向けには六君子湯安中散茯苓飲人参湯などが使われています。

 

その他にも利用出来る漢方薬は無数にあります。最初のうちは漢方医や薬剤師にしっかり診断をしてもらってから薬は選んだほうが良いでしょう。また合わせて食生活のなどの生活習慣もしっかり整えることをおすすめします。

 

胃炎の薬と副作用

 

胃炎を治すための薬によって逆に胃炎が悪化する場合もあります。病院でも胃炎の治療は基本的に食事療法を中心にしているのはそのあたりに理由があるそうです。薬はどうしても副作用がありますので、正しく理解して用いる必要があります

 

漢方薬などの薬は副作用が少ないと言われていますが、それでも完全に無いわけではありません。副作用が少ない理由は、体の機能を高めることを目的にしている薬なので、いわゆる病状に対して直接的に働きかける作用はあまりないために副作用も少ないのです。食事と薬の中間的な位置と考えると理解しやすいかもしれません。

 

副作用のある薬というのは、胃薬の中でもその性質が間違って使われる場合です。市販薬では特に注意が必要です。胃薬は基本的に「胃酸の分泌を抑制する薬」「胃の活動を活発にする薬」「胃の炎症を抑える薬」「ピロリ菌などの除菌薬」などが用いられます。これらは使う目的が違うためにその効果によっては胃炎を悪化させます。

 

食欲不振の場合には胃の働きを活発にするような薬を用いますが、胃の働きが活発になると胃にも負担がかかるため胃炎の症状がある場合にはよくありません。またピロリ菌がいないのにピロリ菌の除菌薬を飲むのも胃に負担にしかなりません。

 

また普通の頭痛止めや風邪薬などの薬も、基本的には胃腸に負担を与えるものばかりです。そのため副作用として胃腸症状が出ることが少なくありません。薬は健康に寄与するものではありますが、正しく診断して使わないとかえって害になることも覚えておきましょう。

 

クセ毛の原因はストレスと食生活?

 

クセ毛に悩んでいるという方は多くいらっしゃるとは思いますが、このクセ毛の原因を理解していますでしょうか。実は原因としてストレスと食生活があるのではないかという話があります。どうしてそういった話があるのかについて説明します。最近はストレス社会などといわれており、人々は日々ストレスを感じているとは思います。

 

家に帰ってリラックスするはずが、家でもストレスを感じてしまうこともあるでしょう。そういったストレスばかりの毎日だと髪の毛に負担がかかってしまいクセ毛になってしまうなんてことも考えられます。さらにストレスだけではなく、食生活が乱れることによって、髪に栄養がいかなくなってしまい、それがクセ毛になってしまうことがあります。具体的にどういう仕組みなのかについて説明していきましょう。

 

なぜクセ毛の原因はストレスなのかというところから説明しますと、ストレスというのは蓄積されると身体のさまざまなところに異常が生じてしまうのですが、もちろん髪の毛にも悪影響を及ぼしてしまいます。ストレスが溜まれば頭皮が硬くなり、毛根からまっすぐ毛が生えてこなくなってしまいます。つまりこれがクセ毛になってしまう原因となります。さらに薄毛などにも繋がってしまいます。

 

また、食生活の乱れもクセ毛を誘発してしまいます。髪の毛というのはたんぱく質になりますので、たんぱく質を摂取しないと髪に栄養が届かなくなってしまいます。ですのでたんぱく質が不足することでクセ毛になってしまうことがあります。このクセ毛の原因についてしっかりと理解しておきましょう。

 

⇒ 口コミの確かな実感!うねりを抑えるシャンプーおすすめランキング